日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

学術会議の検証結果

福島第一原発の事故を検証してきた日本学術会議の委員会は、ベント操作に関する日米の考え方の相違があり、「放射性物質の大量放出に至るような事故はありえない」という「原子力関係者全員の慢心と想像力の欠如」があるとする検証結果をまとめた。

しかし、「全員の慢心と想像力の欠如」というのはいささか異論がある。また、ならば何故どのようにして慢心したか、想像力が欠如したかの経緯を知らなければ、再発防止は難しい。委員の皆さんは、そこをどう考えているのだろう。

私は、まず、全員がそのような考えになっていたかと言えばそうではないと思っている。過酷事故に関する規制基準などがこのままでは、いずれ日本でも放射性物質の大量放出事故が起きるのではないかと心配していた関係者もいたはずだ。ただ、関係者としてはそのような発言をしてはいけないという圧力を感じて言い出せなかったというのが真実ではないか。さらに言えば、一般社会に対して、大事故はありえないという説明がうまく出来ない、あるいは説明を聞いてもらえないために、わかりやすく「そのような事故はありえない」と割り切った言い方をしたのだ。そう断言しても自分の生きている間、当該原発の運転期間にはたぶん起きないだろうという見方をしたに過ぎない。未来永劫起きないなどと考えてはいなかったはずだ。そして自分たちの都合で、規制基準の見直しは今でなくてもよいだろうと思っていた。

想像力にしても、想像力は持ち合わせてはいたが、それを口にしても組織としての結論は明らかであり、やってもムダであることがわかっていた。戦争中に「日本は負けるかもしれない」と言ってもなんの得にもならないし、かえって身の危険を招くようなものだと誰もが思っていたのと同じだ。

地元の政治家や有力者、支持者からは「そんな頼りないことは言わないでくれ。せっかく自分たちが応援しているのに、後ろから弾を打つようなことはやめてくれ」と無言の圧力がかかっていたのを現役の頃、私も感じていた。身内の一人が大事故の可能性についてゼロではないと言い出すことは、「そちらが一枚岩になってくれなくては困る。そこを反対派につけこまる」という支持者からのクレームにつながった。

産官学のいずれの世界でも、あえて大先輩・権威者の意向や過去の発言、すでに組織決定したことがらに反論するにはよほどの勇気を必要とする。組織内では誰かが抜けがけしないよう互いに監視している状況だ。日本学術会議の「原子力関係者全員の慢心と想像力の欠如」という結論は、先の大戦の戦争責任において「全員が悪かった。したがって誰が悪く、誰が悪くなかったということはない」と言っているのと同じではないか。日本学術会議の検証結果の表現は極めて日本的であり、国会事故調報告書の委員長見解に対する海外メディアの「事故を文化の問題として片付けるのはいかがなものか」との批判を再び受けなくてはならなくなりそうだ。  

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康