日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

本性

国の経済や人々の生活を守るといった観点から原発を維持するか、増やすのか、あるいはやめるのかを国として決めなくてはならないのだが、首相や官房長官が「原子力規制委員会が世界最高水準の基準に適合しているとしたものは再稼働する」などと言っているのは、いくら三条委員会とはいえ、原子力規制委員会に国の最高権力を与えているようなもので、さぞかし田中委員長は迷惑だろう。

官房長官は「安全性については新基準を満たしていると原子力委員会が認めた。電力会社に対しても自主的にさらに努力するよう要請している。避難計画は絵に描いただけではないものが一応出来た。あとは訓練を積み重ねる。火力発電炊き増しによる電力料金の値上げ、国際収支に与えるマイナスや二酸化炭素排出増も許容限度を超えている。国策に協力してきた地元の苦境も放置しておけない。昨今の国際情勢を見るに、エネルギー安全保障が脅かされている今の状態からすぐにでも脱却する必要がある。これらについてはしっかとしたデータを示す。このようなことで再稼働を決断した。再稼働するからといって、これが原子力発電を出来るだけ減らすという政策に反するものではない。」と言うべきと考えるがそうしないのは何故か。

基地問題について「粛々と進める」と発言して、翁長知事に一本取られた官房長官だが、今回のIS人質事件に対する政府の対応を検証した結果についても単に検証したというアリバイづくりに感じた。説明を省いて上から目線で言いたいことだけを言うのは官房長官、あるいは安倍内閣の本性と見るべきなのだろうか。事ある毎に「丁寧な説明を」と繰り返す内閣は、実は「丁寧な説明をする気の無い」内閣なのかもしれない。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康