日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

安全神話のたたり

福島第一原発事故の被害者たちは、いまだに安全神話のたたりに悩まされている。民主党政権の採用したポピュリズム政策によって、必要以上に低く設定された避難区域の基準線量設定。それを引き継いだ自民党政権も原発を推進してきた弱みからか、国民への人気取りなのか、それを引き継いでしまった。

これで自治体も住民もその低い数値に縛られ、容易に区域の解除に応じなくなり、年間1ミリシーベルトにこだわる住民のために、国と自治体は膨大な費用と時間をかけて除染を行わざるを得ない。その結果についても住民は再除染を要求し、国は応じないという対立を生んでいる。避難が長引いているのではなく、安全神話のたたりが避難を長引かせているのだ。

福島第一原発のALPSで処理した後の水を海へ放出することを決断できないためにタンクを造りつづけなくてはならない事態に追い込まれたのも、元はといえば国や電力会社が「外部に放射能を漏らすことはない」と絶対安全に近いことを口にしてきたためだ。中間貯蔵施設は地元の理解でなんとか建設できそうだが、周辺の県の指定廃棄物はいまだに目処がたっていない。

国や電力会社は原発の草創期から原発を推進したい一心で、基準などについて必要以上に反対意見に譲歩してしまい、結果的に我が国の採用した基準は世界一厳しいものとなった。(それなのに肝心の過酷事故対策には取り組まなかった)これも大事故はまず起きないだろうとの関係者の読みがあったからだ。

前代未聞の事故を起きてみると、いままで主張していたことと現実の原発事故の状況の差があまりにもひどく、人々の国や電力会社に対する信用がいっぺんに吹き飛んでしまった。無理をして低くしていた基準が、こんどは手かせ足かせになってしまいどうにもならなくなったというわけだ。
安全神話は事故が起きるまで原発関係者に「僅かであるがリスクがある」とは言えない状態に追い込んで最低限の対策をも取ることを躊躇させ、事故が起きた後には過剰な不安を抱かせることで大きな復興の大きな障害となった。

安倍首相は「世界最高水準の規制基準」と繰り返し発言しているが、これも安全神話の一つになりつつある。安倍首相、菅官房長官、経産大臣等はその言葉の重みを分かっていないようだ。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康