日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

緊急時の力仕事

東日本大震災の地震と津波によって東北の太平洋岸にある原発は大きな被害を受けた。各原発では電源を復旧するため大勢の作業員を動員して、人力で太いケーブル束を運んで繋ぎ込む作業が行われた。福島第一原発では津波で原発建屋周辺を覆い尽くした瓦礫を重機で取り除く作業が行われた。ベントのためのバルブを手動で操作するため、高線量の現場に運転員が行くことになった。

平常時は中央制御室の操作盤でスイッチが指一本で押され、巨大なモーターやポンプが回り始める。主な弁の操作も完全に自動化されている。温度や圧力も中央制御室で確認することが出来る。それらは細いケーブルを通る微弱な電流で行われ、弁などはモーターを駆動することで開閉が行われるが、一部では圧縮空気で行われる場合もある。このため建屋内部には圧縮空気を通す細い配管が総延長何キロも建屋の厚い壁を貫通して通されている。圧縮空気はコンプレッサーによって作られ圧力タンクに貯蔵されている。圧縮空気を使用することで圧力が下がれば、再びコンプレッサーが起動してタンク内が一定の圧力になるまで圧縮空気が作られる。電源喪失すれば、そのコンプレッサーも動かなくなり、タンク内の圧縮空気は枯渇する。

人体では脳と神経は頭骸骨と脊椎でしっかりと守られている。それは中央制御室と現場の機器をつなぐ通信ケーブルが一番大切であることを示している。原発において中央制御室はしっかりと守られているが、通信ケーブルや動力ケーブル、それに制御用の圧縮空気とそれを送る長くて細い配管や弁の保護は大変だ。地震で落下物や何かが倒れこむことで切断される可能性もある。自然災害やテロ行為、あるいは火災により、それらが破壊された場合、メルトダウンにつながるようでは安全とは言えない。

停電や制御系が動かなくなった際、すべての機器が手動で操作出来るわけではない。また手動が効くものも、福島第一原発の事故の時のようにその場所が高線量になってしまうと運転員が近づけなくなる恐れがある。モーターやポンプは電気がなければ動かせないので、代替の電源を持ってきて直接ケーブルで繋がなくてはならないが、制御するための電源も活かす必要がある。

ポンプが動かせなければ、原子炉を冷却するために消防車などで原子炉内に直接水を送る必要がある。そのための取り入れ口はあるが、そこから入った水がきちんと原子炉内に行くように配管についている弁を開閉しなければならない。また、うまく水を入れるためには炉内の温度や圧力を知る必要がある。

屋内外で放射線レベルを測定するための測定器やモニタリングポスト、モニタリングステーションが設置されており、時々刻々のデータを中央制御室や対策本部に伝送するようになっているが、それらが故障したら人が直接測定記録をして伝達しなければならない。

自然災害や爆発などによって原発の神経系統がダメージを受けた場合、運転員などは高線量と暗闇の中で重装備を着け、とてつもない力仕事をしなくてはならない。福島第一原発の事故で吉田所長以下がやったことは奇跡に近い。

再稼働を目指す各原発では、請負企業の作業員に頼らずに緊急時対応が出来るよう、電力会社の社員に対して実技を伴う緊急時訓練が繰り返し行なわれているが、これは大きな負担だ。巨大な設備は少数の人手では対応が難しい。あらゆる場面想定、平時からの訓練(メンタルも含む)、設備の改善、単純で有効な道工具の準備、すぐに駆けつけられる支援部隊などの備えが必要だ。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康