日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

お美味しいのは誰か

「ビッグコミックスピリッツ」で連載されている漫画『美味しんぼ』(4月28日、5月12日発売)に、主人公が原発訪問後に鼻血が出る。前双葉町町の井戸川氏が「被ばくしたから鼻血がでたのだ」と語り、福島大学の准教授が「福島がもう取り返しのつかないまでに汚染され、除染をしても汚染は取れない」と発言する内容が描かれた。さらに大阪市で宮城県のガレキを焼却したことにより住民に症状が表れたとも書いている。

これに対して石原環境大臣、福島選出の根本、森の両大臣、福島県知事、大阪市長など各方面から批判の発言が続いている。その後もぞくぞくと批判が飛び出し、これに対して出版元は「低線量放射線の影響の検証や現地の声を伝える機会が減っている。議論を今一度深める一助となることを願って作者が採用し、編集部もこれを重視して掲載した」と主張している。

大きな話題となっているので、早速近くの大型書店に、雑誌を買いに行くと案の定、売り切れになっていた。県内の書店ではどこもそのようだ。福島で実際に原発事故のために避難を余儀なくされている私たちからこの騒ぎを見ると、作者や出版元はいかにも、原発事故で被ばくした人々のために書いたと大義を語っているようだが、作者等は書かれた内容のために不安が増し、心を痛める人が大勢いるということを配慮することなく、自己の利益のために書きまくり売りまくることを恥と思わないようだ。

我々は皆、いずれ鼻血を出すようになるのか。漫画の内容が、避難している人や福島県に住んでいる人を冒涜していることは明らかだ。
騒ぎが大きくなって長く続いてくれれば、雑誌の部数を伸ばしたい一心の彼らの思うツボだ。私が何故そう思うかと言えば、今回の漫画は内容、発行タイミング、手段、状況把握などが次のように巧妙に設定されているからだ。

第一に、先の選挙で落選したとはいえ双葉町長であった井戸川氏、福島大准教授など、肩書きからして世間に知られ、発言の重みが感じられる人を登場させている。これで環境大臣、福島県知事、現町長、そして福島大学長はコメントをせざるを得ない。それらはマスコミが取り上げることは間違いなく、これで大きな宣伝効果がある。

第二に、ごく低線量の被ばくに伴う身体的影響については、国際組織の結論に対して、いまだに反論する学者もいることから、この点で論争をしてもいつまでも平行線で行くことが出来る。

第三に、区域解除が始まり、帰還を考える住民が増え始めた今が、不安を煽る絶好のあるいは最後のタイミングである。

第四に、ガレキを焼却した大阪市を取り上げることで、注目度の高い大阪市長が反論してくるのを十分期待出来る。(実際に反論が行われた)

第五に、福島県民は事故によって低線量被ばくの実体験をしたことで、それがどんなものかを理解し始めているが、東京など他の地域の人は、あいかわらず低線量の被ばくでも怖いものだという先入観を抱き続けている。私が三年前に富岡町から郡山市に避難してきたとき、不動産会社の若い社員に「お客さんに郡山市の物件は紹介します。でも実は、僕は近々郡山市からどこかへ避難しようと考えているのです」と言われたことが印象に残っている。実体験なしでは、このような心配はいつまでも消えないのだろう。

第六に、最近の世論調査では、いまだに即脱原発を強く主張する人がいることから、これらの人が原発の致命的問題点の根拠を常に探していることを作者等は分かっている。

第七に、漫画のファンが、実社会ではやろうにも出来ない「かっこいい生き方」を漫画の主人公に求める心理があり、政府や官僚や大手マスコミは真実をひた隠しにしているが、実は避難させたり除染したりしている裏には低線量被ばくの大きなリスクがあるのだと喝破する「かっこよさ」を求めている。

第八に、漫画はテレビと同じで、説得力、印象に残るという点で文章より、優れた手段であり、漫画を読み続けている人は、漫画からの情報と実際を同一視する傾向がある。

第九に、漫画イコール風刺、誇張であると思われているので、漫画で書けば内容に問題があっても記事より言い訳がしやすく、訴えられる危険も少ない。ノンフィクションであれば、書けないことも漫画だと書きやすい。

第十に、国民に放射線の身体影響に関するリテラシーが乏しく、事故後も国は的確で迅速な情報提供や教育を進めてこなかった。

作者等は、どっちに転んでも得をするゲームを仕掛けた。いままでも人々の不安や無知につけこんだ週刊誌や出版物はあったが、これだけ騒ぎになった事で、作者等は大成功を収めつつある。今回の件で、一番美味しい思いをしそうなのは誰なのかを考えただけでも腹立たしい。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康