日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

UAEのお雇い教師

 原子力のOBに対して原子力教育の教官募集の知らせがあった。募集しているのはUAEのカリファ大学。UAEは、韓国から原発輸入を決めたが、昨今の韓国原発の状況からして品質問題など全面的に信頼出来るか疑問があり、教育問題は日本に期待しているようだ。期間は長期で待遇は破格の給料をだすだろうとなっている。日本の明治時代における外国人お雇い教師を思い起こさせる話だ。
 原発の建設や運転に役立つ品質管理を教授することは、必要でありまた大切ではあるが、韓国原発の不祥事は、韓国原子力界の組織の体質や社会的背景を持つ問題と思われる。また、日本における不祥事や不適切な規制も参考にしたほうが良い。 
 であるならば、福島第一原発の事故で問題となった「メイドインジャパン型の災害をどう防ぐか」を目的に、規制当局の独立性の問題、外注や下請け管理の問題、資格制度、検査のあり方、監査制度、内部告発制度、地元の自治体の関与の仕方、官庁の縦割り行政の問題、情報公開の問題、自前の技術技能レベルの確保の問題、防災訓練の問題、核セキュリティーの問題、原子力損害賠償保険、廃炉積立金制度、国情にあった運営の問題などについて、日本の制度の長短所や経験を率直に伝えてあげることも必要なのではないか。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康