日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

除染作業員急募

 私は現在、福島県須賀川市で避難生活を送っているが、私の家のポストにも除染作業員募集の広告チラシが入るようになった。そのうちのひとつを紹介しよう。
 チラシには「急募」、「高給優遇」などという活字が踊っている。応募対象は18才~70才位まで、年配の方、女性も大歓迎とあるので、普通は採用対象外となる高齢者までOKで、ある意味貴重な雇用である。
 「作業は主に草刈り、表土はぎ等の簡単な作業です。危険な場所での作業ではありません」となっている。手抜き除染が問題化している現在、簡単な作業であっても、これを一日中手順どおりにやるのは、なかなか骨の折れる仕事のはずだ。車両系、高所作業車、クレーン、玉掛れ等有資格者優遇。勤務地は郡山市、勤務時間は午前8時~午後5時で休憩時間あり。
 日給は8000円~12000円。未熟練労働者の屋外作業としては普通の賃金水準である。その他、5000~25000円の諸手当ありで、今話題となっている危険手当はこの中に入っているようだ。諸手当の額によっては、月収25万円以上も可能と書いてある。
 「事業拡張につき随時募集中、福島復興の仕事を長く続けたい方」という表現をしていることから、途中でやめてしまう人が多いのだろうと想像出来る。
また、「協力会社様も募集中です」となっており、土建業の世界で、作業員を集めて元請に提供する、いわゆる「人工出し」と呼ばれる親方に対しても参加を呼びかける内容となっている。募集しているのはNという企業なのだが、最近作った会社のようで、グーグルで検索しても出てこない。
 問い合わせの電話をすると、「仕事をする場所は郡山市の中心部の住宅街。雇ってもらいたいのなら、電話でなく面接を受けに会社まで来い」。「会社の場所は」と聞くと「4号バイパス沿いにうちのビルがあるのを見たことがないのか」と終始高圧的な態度で応対であった。このような募集で集まる人たちに、どのくらいの精度の除染作業が期待出来るのかは不明である。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康