日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

執着

 世間は原発推進派と反対派を峻別する傾向にある。世間と言ったのは、まずメディアの事であり、それは読者が
そのような分け方を求めていることの裏返しだ。そして推進派も反対派にもその傾向があると指摘したい。
私は「原発推進者の無念」を上梓してから、インターネット上で「原発御用学者リスト」「原発反対論者リスト」の
両方に載せられている。「原子力ムラに長年居た人間で、本当は推進派」なのか「原子力ムラに長年居た人間で、
反旗を翻した珍しい反対派」なのか、「いったいお前はどちらなのか」と双方から疑いの眼差しで見られている
らしい。私は自分はどちらでもないし、中立というものでもないと思っている。
 原発にせよ、自然エネルギーにせよ、「推進」「反対」があり得るのは当然だ。だが、「どうしても推進」
「どうしても反対」や「推進ありき」「反対ありき」は間違いのもとだ。それは執着というものである。
「推進」や「反対」に執着することで、何事も色眼鏡で見ることになり、我田引水の論に陥り易い。
ロジックや証拠集めにも無理が生ずる。自分たちに有利なニュースは大きく取り上げ、不利なニュースは小さく扱う
か握り潰す。それがイデオロギーというものだ。今回の福島第一原発の事故やその後のさまざまな混乱も、
この執着が大いに影響しているのではないか。私は「この執着から離れる」という立場を取りたい。
原子力規制委員会のメンバーを選ぶ基準として、過去の職歴などがやかましく問われたが、あれもおかしなことだ。
設計や製作、運転や保修に精通している人が必要であるのに、そのような人はまったく外されてしまった。
「推進、反対に執着しない」ことさえしっかりしていれば、原発の本当の専門家を委員にしてもまったく問題は
ないのだ。それどころか原発のことをあまり知らない人が委員になるという、ある意味怖いことになってしまった。
 もう一つ私が守りたい立場は「形式主義」や「建前」ではなく、「現場感覚」や「本音」で物事を見ることにある。
これは原発の建設や運転保守の現場経験で私が一番学ばせてもらったことだ。原発は鉄とコンクリートで出来て
おり、水と蒸気と電気が流れ、物理や化学の法則が厳然と貫かれている。感情豊かな生身の人間が運転や
メンテナンスをしている。そこで起きていることが「真実」であり、しっかりした理由もそこにしかない。
それを形式的に整っていることを求めたり、現実に目をつぶって建前で押し通したりするようなことをすれば、
「百害あって一利なし」、たちまち現場との齟齬が生ずるものだ。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康